気をつける

安全第一、刺されてからではもう遅い

ヘルメット

【蜂の種類】 →種類はたくさんありますが、数は10万種類を超えると言われており、思いつく代表的な蜂が蜜蜂やスズメバチ、クマバチ、アシナガバチなどだと思います。刺されるだけで赤く腫れるだけだったり、刺される場所次第では非常に危険なケースも有ります。 夏から秋は特に蜂が巣を守る行動をとっており、非常に危険なため巣には近づかないようにしましょう。蜜蜂が減少傾向にある中スズメバチなどは日に日に猛威を振るっています。 危険なスズメバチなどは刺す前に威嚇行動があり、近くに巣がある場合などには「カチッカチッ」と威嚇すると言われています。 巣の駆除などは基本業者に委託しますが、ハチ単体であれば殺虫剤などで倒すことや撃退することができます。

外来種対策

最近の蜂は外来種と呼ばれる厄介な蜂もたくさんいます。こうした蜂は昔ながらの方法で退治することが難しいところもあるので、対策を考えないといけません。特に抑えておきたいのが蜂の巣駆除であり、発生する元となる巣を早い段階で駆除しておけば安全対策が万全になります。まず、やっておきたいことは現地調査。駆除を専門とする業者に依頼をすることで、蜂の巣がどのようなところに潜んでいるか調べてくれます。そこで発見されたら、どのように駆除するのかを説明してくれますしそこから見積もり後に駆除をしてくれるという流れになります。ここで業者を見極めるポイントは、親切・丁寧な対応であるかどうかであり、料金やサービスが素人でも明確に分かるように説明してくれるかどうかを見て依頼しましょう。