アライグマの危険性

罠

アライグマ、動物園などでその姿を見たことある人も少くはないでしょう。しかし、その愛らしさと裏腹に自然界のアライグマには人体に悪影響を及ぼしたり家屋にも多大なダメージを与えることは間違いないでしょう。そもそも、何故アライグマが住宅地域などに出現するのかというとネズミと同様害獣は天敵となる動物が少く、基本的に人間も怖がることなく近づいてきます。人間が住んでいる住宅の天井裏は、害獣が住みやすい場所になっているのです。そのため、アライグマを始めネズミなどが天井裏に住み着くことがあるのです。人間の環境に合わせて、夏は涼しい環境で冬は温かい環境にとなっている構造であるため害獣のアライグマやネズミも住みやすい空間なのです。

アライグマやネズミの害獣が齎す被害といえば、糞尿などの汚物や夜中活発に行動するため足音などの騒音でしょう。真夜中に、騒音を起こされるのでスミン妨害によるストレスや体調不良なども引き起こす場合があります。そして、一番厄介なのが糞尿による汚物の被害でしょう。糞や尿には、私達の身体にとって有害な菌が大量にいます。また、獣害の特徴として糞や尿は毎度同じ場所に行なうためそこから腐り始め天井が抜け落ちてしまう可能性もとても高いのです。また、糞や尿を放置していればそれから悪臭も漂い、空気中にバイ菌も大量に撒き散らす結果となります。それにより、私達の身体にも異常が起きる可能性があるのです。そのため、アライグマやネズミなどの害虫を見つけたら急いで駆除を行う必要があります。